平昌オリンピックとロシア

IOCがロシアの参加を認めないとの判断をしたようですね。
これは大きすぎる事態といって良いでしょう。
冬季五輪ですからロシア選手のフィギュアスケートが見られなくなるかも・・・ということ。

まぁ幸いなことに個人としての出場は認められるようです。
ロシア選手ではなくロシア出身の個人選手として。
選手としての心境はどうなんでしょうか、なかなか複雑な心境だと思います。

生半可な努力ではロシアの代表選手なんかになれませんからね。。
プーチン大統領も個人としての参加は認めていく方針らしい。
まぁ当たり前でしょう。IOCに対して怒っているのかもしれませんが、ここは選手のことを思うべき。

しかし問題がドーピングってとこが根深いですね。
ドーピングは正しく努力してきた選手を侮辱する行為に等しいと思います。
それだけ国同士の競争が激しいということでもあるんでしょうが。

一般人でも五輪だけは熱狂する人も多いでしょうからね。特別感がありますよ、五輪は。
フィギュアファンとしては平昌五輪でロシアの選手の滑りを見たいという気持ちは強いです・・・。